木伐採作業中、2人が倒れてきた木の下敷きに…意識不明だった56歳の男性が死亡、もう1人は骨折の重傷 宮城・気仙沼市

木伐採作業中、2人が倒れてきた木の下敷きに…意識不明だった56歳の男性が死亡、もう1人は骨折の重傷 宮城・気仙沼市

木伐採作業中、2人が倒れてきた木の下敷きに…意識不明だった56歳の男性が死亡、もう1人は骨折の重傷 宮城・気仙沼市

18日、宮城県気仙沼市内の山林で木の伐採をしていた男性2人が倒れてきた木の下敷きとなりこのうち1人が死亡、1人が重傷を負いました。18日午後1時40分頃、気仙沼市赤岩高前田の山林で「近くの木の伐採作業中に2人が負傷した」と消防に通報がありました。

この事故で石巻市沢田の会社員・阿部裕之さん56歳が頭を強く打ち意識不明の重体で気仙沼市内の病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。また、石巻市の54歳の男性も左足の骨を折る重傷です。警察によりますと阿部さんらは当時、6人で木の伐採作業をしていて阿部さんと54歳の男性の2人がチェンソーで松の枯れ木を切っていたということです。阿部さんらはヘルメットを着用し、作業を行っていました。警察が詳しい事故の原因を調べています。

詳細は NEWS DIG でも!↓

動画カテゴリの最新記事